食物とは“たべること”以上に重要な意味を持ってる食物とは“たべること”以上に重要な意味を持ってる
一般社団法人日本臨床栄養協会
食物とは“たべること”以上に
重要意味持ってる

日本臨床栄養協会とは

日本臨床栄養協会は、昭和54年創設期
「医師と栄養士が手を結べば何ができるか」を
設立の趣意として
国民への栄養の啓発を
目標として活動してきました。
現在は、高まる保健機能食品やサプリメントに
ついて正しい情報が提供できるよう、
医師、栄養士、薬剤師等医療専門職種が中心となった「NR・サプリメントアドバイザー」や食生活を見直す栄養療法を追求し効果的な
栄養指導を実践できる「栄養相談専門士(LENC)」の育成にも取り組む実践者育成も重要な活動としています。

資格について

日本臨床栄養協会では、「NR・サプリメントアドバイザー」と、「栄養相談専門士(LENC)」の認定資格を実施し養成育成をしています。

NR・サプリメントアドバイザー
NR・サプリメントアドバイザー
栄養カウンセリング研修と栄養相談専門士
栄養カウンセリング研修と栄養相談専門士